〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-12-7 第13岡部ビル 6F

MENU
Web予約は
コチラ

一般歯科

General Dentistry

一般歯科

むし歯治療・神経根の治療や大半の保険治療のことです。例えば、被せ物(冠、ブリッジ)、詰め物(インレー、重合レジン充填)、入れ歯(総義歯、部分床義歯)が診療内容です。

むし歯の原因

むし歯

むし歯は、食事をした時に残った糖分をもとに口腔内の細菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かします。人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きがありますが、一度むし歯になってしまうと修復が間に合わず、進行してしまいます。

むし歯の原因

むし歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。

1.歯質
歯質は一人ひとり異なります。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するためによく噛むことが大切です。
2.細菌
むし歯菌が出す酸で歯が溶かされるのがむし歯です。歯磨きでむし歯菌を減らすことが大切です。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

根管治療

むし歯が大きく神経を取らざるを得なかった場合、また以前神経を取った歯の再治療の場合は、通常数回かかりますが、根の中の汚れ具合や痛みなどで期間や回数は様々です。しかし、この治療をおろそかにしていると、症状が悪化したり最悪の場合は歯を抜かなくてはいけなくなります。歯の治療の中でも一番重要な治療の1つです。

根管治療の流れ

  1. 1歯を削る

    歯を削る

    咬合面・被せ物などの補綴物を削ります。

  2. 2根管内の汚れ除去

    根管内の汚れ除去

    リーマーという器具を使用し、歯の中に入っている歯髄および汚染組織を除去します。

  3. 3根管充填

    根管充填

    状態が良くなったら、歯の中の空洞にお薬を歯の先端まで詰めて封鎖します。

  4. 4仕上げ(土台作り)

    仕上げ(土台作り)

    キレイになった根幹に土台を入れ、人口歯を被せます。

補綴処置

クラウン

クラウン

神経を取った歯には基本的に被せ物をします。根管治療が終了すると歯に土台を立てて、型取りをし、大臼歯には銀の被せ物(小臼歯には白い被せ物も出来ます)、前歯には白い被せ物をします。

ブリッジ

ブリッジ

歯を抜いた場合、抜いた部分に歯を作るためブリッジという方法があります。ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。

その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれており、ほぼ全ての歯科医院で行われている非常にポピュラーな治療法です。

義歯

義歯

パーシャルデンチャー

様々な理由で歯を抜いた場合、抜いたところの歯を補う為、入れ歯を作ります。歯が数本残っている場合は部分入れ歯、歯が全く残っていない場合は総入れ歯を作製します。入れ歯が完成するまでには型取りしてから1〜4回かかります。

小児歯科

むし歯になりにくい歯へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌はいないと言われています。では、なぜむし歯になるのでしょうか?

むし歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の大人から子どものお口にむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうのです。むし歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間です。この1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に、お子様と同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない等のお口のスキンシップを控えることで、成長した時のむし歯の本数を少なくすることができます。

お子様の歯の健康のために意識すべき点

  • 甘いおやつから歯にやさしいキシリトールなどが入ったお菓子に変える
  • すぐに飲み込ませずによく噛んで食べさせる
  • 食べ終わった後はすぐに歯磨きをする
  • 歯を磨けない場合には口ゆすぎをする

小児歯科

むし歯の予防

歯磨き指導

1.歯磨き指導

お子様が歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、むし歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布

2.フッ素塗布

生えてきたばかりの永久歯は、むし歯になりやすく、しかも急激に進行します。
むし歯を予防するために、フッ素を歯の表面にコーティングします。フッ素の効果は、お子様のお口の中の状態によってさまざまです。
フッ素の塗布は歯の生える本数を基準に3ヶ月毎、年に4回を目安とし、医院でのケアを受けることをお勧めします。またご家庭でのフッ素洗口剤やフッ素入り歯磨き粉を、医院でのケアと並行されるとより効果的です。

シーラント

3.シーラント

お子様の歯、特に奥歯の溝は複雑な形をしているので、なかなか歯ブラシの毛先が入りません。そのため汚れが溜りやすくむし歯が発生することもあります。
細かい溝を歯科用の薄いプラスチックでふさいでむし歯を予防するのがシーラントです。シーラントは、はえたばかりの奥歯(6~7歳頃や11~13歳頃)の予防に有効です。

口腔外科

口腔外科とは、一般歯科が対象とするむし歯や歯周病以外のお口の周囲の疾患を対象とした診療科です。治療内容は以下内容を初めとして、多岐にわたります。ご不安な点がありましたらお気軽にご相談ください。

抜歯

抜歯

「口腔外科で親知らずを抜歯した人が周りにいる」という方も多いのではないでしょうか。ひと言で抜歯といっても、難抜歯、埋伏歯・親知らずの抜歯など、さまざまな症例があります。