〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-12-7 第13岡部ビル 6F

MENU
Web予約は
コチラ

インプラント

Implant

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、失った歯根の代わりに人口の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、固定させた上に人工の歯をかぶせて自然の歯の噛む力、見た目を回復する歯科治療法です。

歯を失うということは、見えている部分の歯冠だけでなく、それを支えている歯根までを失うということです。人工の歯根となるインプラントはチタン製で、 骨と結合する特性を持っています。また、地球上で最もアレルギーの少ない金属で、金属アレルギーの方でも特殊な場合を除き、使用していただけます。

顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療は、グラついたりせず、取り外して洗う必要もありません。天然の歯と変わらない感覚で噛むことができ、自然で美しい歯を手に入れることができる、それがインプラント治療なのです。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントの構造は、大きく以下の3つに分けることができます。

上部構造

インプラントクラウン、インプラントブリッジなど素材は様々あります。セラミックを使ったものが一般的ですが、噛み合わせの力が特に強い方、歯ぎしりがある方などは、噛む面を金などの金属で覆ったものを使用することもあります。

アバットメント

骨に埋め込むインプラント体の上に取り付ける器具です。設計によっては様々な種類があります。上部構造をスクリューで固定する方法と、セメントで固定する方法によって、使用するアバットメントが異なります。

フィクスチャー

チタンで出来た骨に直接埋め込むインプラント体です。骨のサイズ、形態に合わせて様々な形のインプラント体があります。

入れ歯・ブリッジとの違い

インプラント インプラント
治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
ブリッジ ブリッジ
治療法

なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費を抑えられる
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感があることが多い
総入れ歯 総入れ歯
治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い

当院のインプラント治療

無切開インプラント
(フラップレスインプラント)

無切開インプラントとは組織を切開、剥離せず、そのまま孔と溝を形成し、インプラントを埋入する治療法です。患者様の負担である痛みや腫れを軽減し、治療期間を短縮することができます。

臨床応用システム

臨床応用システム

患者様のCTスキャンデータをもとに非常に精度の高いサージカルテンプレートを作成することで、より安全なインプラント埋入を可能にします。このサージカルテンプレートを使用したガイディッド・サージェリーは低侵襲性のフラップレス(無切開)術式を可能にし、患者様の負担を軽減します。事前に補綴物を作製できるため、条件によってはインプラントを埋入したその日に新しい歯を手に入れることも可能です。

シンプラント
(インプラントシミュレーションシステム)

シンプラント(インプラントシミュレーションシステム)

シンプラントとは、インプラントの術前に行う3D画像を使ったシミュレーションのことです。インプラントにおける安全性や審美性をあらゆる角度から検証し、より実用的でリアルなシミュレーションを可能にします。治療計画が一目瞭然なので、患者様に治療の説明を行うときも、非常にわかりやすく説明することができます。

サージガイド

サージガイド

サージガイドはシンプラントをもとに作られる立体模型を使って、ドリリングする際にシミュレーション通りの位置、方向を正確にコントロールするために用いられるガイドです。

骨に直接当ててドリルを支持するタイプ、歯肉にあてて支持するタイプ、歯にかぶせてドリルを支持するタイプの3タイプがあります。3Dガイドを使って作られたサージガイドを固定することで正確にドリリングを行うことができ、手術のリスクを減らします。

セーフティシステム

ストッパー付きのドリルとインプラントホルダーキットのセーフシステムは、サージガイドを利用してシミュレーション通りの位置・方向・深度も正確にコントロールし、安心・確実をサポートします。

インプラント治療の流れ

  1. 1診断

    • インプラントを埋め込む顎の骨の量や質、形を審査するため、口の中を撮影します。
    • レントゲン撮影、また骨の状態によっては、CT撮影を行います。
    診断

    CTスキャンにより、より正確な診断が可能になりました。インプラント治療を安心にかつ確実に行うには診断が重要です。この診断は十分な時間をかけて行います。

  2. 2一次手術

    • 麻酔をしてから、骨を削り、インプラントを埋め込み、一旦閉じます。
    • 1回法の手術の場合はこの段階でアバットメントを取り付け、手術を終了します。
    一次手術
  3. 3二次手術

    • 2回法を選択した場合には、治療期間終了後歯肉をあけて、アバットメントをつける二次手術を行います。
    二次手術
  4. 4仮歯装置

    • 歯肉が治癒したところで、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着などを確認します。
    • 噛み合わせや強度に違和感があれば主治医と相談し、本歯の作成に向けてデータを集めていきます。
    仮歯装置
  5. 5最終的な歯の装着

    • 仮歯の装着で得た情報を基に最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色をチェックして作製します。
    • 作製した本歯を装着し、治療が完了します。
    最終的な歯の装着
  6. 6メンテナンス

    • 天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。
    • そのため、適切なブラッシング、定期検診(口腔内の状態チェック、噛み合わせのチェック)が必要になってきます。
    メンテナンス

インプラント治療での注意点

インプラント対象者

インプラントに、年齢の上限はありません。噛みたいという意思がある方は、誰もがインプラント治療を受けられる可能性があります。しかし、骨の具合や体調、持病などにより制限される場合もあります。

下記項目の対象の方はインプラント治療ができない可能性がございます。

  • 骨の量が少ない方
  • 妊娠中の方
  • 全身疾患のある方
  • 大きなむし歯、歯周病の方
  • インプラント適用外となる方
  • 顎の骨の成長が終わってないない16歳以下の方
  • チタンアレルギーをお持ちの方
  • アルコール依存症の方
  • 歯磨きなどの日常の清掃が十分に出来ない方

手術について

インプラント手術の痛み

インプラント手術中はしっかりと麻酔を行いますので、痛みを感じることはほとんどありません。また、インプラントの治療は清潔な滅菌状態で行います。

体内のインプラントも清潔なものなので、炎症反応が少ないと考えられています。ただ、骨の状態や行った処置の大きさによって体の反応は異なります。異常がある場合はすぐに担当医に相談してください。

インプラント手術に使われる麻酔

インプラント手術では通常、局所麻酔を行います。
当院では以下のような麻酔方法を採用しております。

  • ジアゼバム
  • 静脈内注射
  • 局所麻酔
  • 笑気吸入鎮静法

インプラント治療費について

インプラントの費用は高いの?

症状や治療の内容によって費用は異なりますが、相場は1本当たり40〜60万円前後です。

インプラント治療費は、

  • 手術方法(1回法/2回法)
  • インプラントの本数
  • インプラント体、インプラントの上部構造の素材

などで決まります。

確かに高額なインプラント治療ですが、アフターケアをしっかり行えば、「第2の永久歯」として生涯にわたって機能します。一時的な出費よりも、生涯に目を向けて、インプラントの価値を考えることが大切です。

またインプラント治療は保険適用外となりますが、医療費控除の対象となる場合もあります。お気軽にご相談ください。

インプラント
オーバーデンチャーの種類

インプラントオーバーデンチャーとは、顎の骨に埋め入れた2~4本のインプラントに入れ歯を固定する治療法のことです。

アタッチメントの働きをする部品を使い、インプラントと入れ歯を連結します。入れ歯が顎の骨にしっかり固定される為、食事や会話の途中でずれたり、外れたりするような心配がありません。

マグネットアタッチメント

マグネットアタッチメント

インプラントには磁石を吸着させる金属(キーパー)を取り付け、磁石を埋めた入れ歯を装着させます。使用するのは小型磁石ですが、強力な吸着力で安定性が高く、入れ歯がずれたり、外れたりすることはありません。側方から大きな力がかかった場合は、外れて力を逃がしてくれますので、インプラントにかかる負担を軽減してくれます。

ロケーターアタッチメント

ロケーターアタッチメント

ボタンのような形の先端を入れ歯側に取り付けた部品にセットすることによって、入れ歯をインプラントに固定します。